命がけの箱根駅伝



スポーツ選手は身体を酷使させる過酷な仕事の一つでしょう。中でも身体のエネルギーを極限まで使い切る駅伝は疲労による病気が引き起こされたりします。
年始になると箱根駅伝を見る人は多いでしょう。箱根駅伝は大変過酷なスポーツです。いつも、たすきを渡す際やゴールには倒れるように選手は崩れ落ちます。選手はふらつきながら走る人もいるでしょう。そのような症状が見られるようになると大変危険な状態でもあります。症状としては脱水症状や低体温症等があげられるでしょう。しっかりとペースを守って走らなければ身体が悲鳴を上げるのです。

駅伝は長距離を走るスポーツです。特に足への負担は大変大きいものです。その為、足の筋肉の痛みや足の関節の痛みが発症する可能性があります。痛みだけですめばいいですが、酷い時には骨折を起こす場合もあります。しかし骨折はそう簡単に起こるものではありません。スポーツ選手に多く起こる骨折の一つで疲労骨折があります。
疲労骨折は同一箇所に繰り返し加重がかかる事によって発生します。駅伝は長距離をハイペースで走るため、足に負担がかかりすぎてしまい疲労骨折を引き起こす事もあるのです。

もちろん事前の練習等の積み重ねで、既に足に負担がかかっていて骨折する例が多いです。もしも疲労がたまっている場合や痛みを伴うのならば、早急に練習を中止して休む必要があります。身体機能を落とさないために有効な手段としてプールがあります。プールを使用した運動ならば、身体に負担を軽減しながら運動を行うことが可能です。

身体を維持しながら疲れを取り除くことで、ベストなコンディションを作れば本番で途中で倒れる様なリスクを減らすことが可能でしょう。
しかし見ていると分かる通り、どの競技者も自身のチームを勝たせる為に必死で走るので無茶をしがちです。しっかりとトレーナーが選手のペース配分を行い、無事にゴールやたすきを渡すポイントまで導いて上げるのも必要な事です。選手も自身の身体と向き合いながら全力で競技を行いましょう。